冷静と情熱のあいだ

ik13.jpg

第439話 大好きなファンの皆様へ

この度、
乃木坂46を卒業することになりました!

初の推しの卒業です。

箱推しから入り、せっかくなら特定の推しを決めようと思った。まいやんのようなフロントには正直興味はなく、どちらかというと陰でグループを支えているような人にグッとくる。そんな中で見つけたのがかりんちゃんでした。体全体から漂う良い人オーラ。実際にその通りで、メンバーからの人気も高く、人望が厚い。タレントとしての能力も優秀で、アメトーークの将棋芸人に出たときは超人気番組にも関わらず、何の問題もなく溶け込んでトークしていたのは本当に頼もしかった。

しかし、そんな優秀な能力を備えながらも、乃木坂内では選抜に入れず、グループ内の立ち位置はまさに縁の下の力持ちという感じだった。もちろん、それはそれで素晴らしいのだが「なぜこんなに有能なのに上にいけないんだ!!」と個人的には思っていました。ただ、タレントとしての能力と乃木坂内での求められるものというのは違うのだろう。

今回の卒業も多くの人が「誰?」って感じなのだろう。しかし、私は今に見てろと言いたい。芸能界に残れば間違いなくバラエティタレントとして活躍できるし、MCやアシスタントとしても重宝されるだろう。たぶん、ソロで活動した方が全国的な知名度は上がると思う。なので、卒業は寂しいが、これはハッピーな卒業だ。今よりも多くのメディアで見れることになると思えば、何も寂しくなる必要はないのだ。

縁の下の力持ちがいなくなり、乃木坂内でしかわからない大きなダメージはあると思う。同じようなタイプもこれといっていないし、彼女がいなくなることで一体どうなるのか。

今回の卒業はとにかくハッピーな卒業。寂しくないぞ!!寂しくない!!!かりんちゃん、卒業しても芸能界残ってね!!

(かりんちゃんが卒業したし、日向坂にがっつり移ろうかと思う今日この頃)

終わり。

この記事へのコメント